読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病オヤジの育児日記

双極性感情障害となり現在無職(T ^ T。ボンズも4歳になりパパからとーちゃんへ呼び方が変わりました!)。リハビリしながら社会復帰を目指しております。

絵本の内容を歌にした「はらぺこあおむしの歌」が面白い!

我が家にもある絵本「はらぺこあおむし」保育園でも読んでいる有名な絵本。

 
内容は
日曜日の朝に生まれたあおむしが、月曜日にはりんご、火曜日には梨と、いろいろな食べ物を食べながら成長していく。土曜日には食べ過ぎでお腹を壊してしまうが、やがてさなぎになり、最後には美しい蝶へと変身する。鮮やかで大胆な色使いの絵と、シンプルで判りやすいストーリーから世界中で愛読されベストセラーとなった。いわゆる仕掛け絵本で、あおむしが食べた箇所は穴が開いている。この部分は幼児が指を入れても破れにくいように、丈夫な厚紙で作られている
 
そんなはらぺこあおむし。本の内容を歌にした「はらぺこあおむしの歌」がある。


ウチのボンズは動画を見ながら絵本を見る。歌で絵本の内容を覚えるのだ。
 
読み聞かせも大事だが、歌で絵本を楽しく覚えるのも面白い。
 
幼児期の絵本は大切だ。はらぺこあおむしの様に歌とリンクするものが増えるともっと絵本に興味が沸いてくると思う。
 
2歳、3歳児がいる方にはオススメです!
是非お試しを。 
はらぺこあおむし

はらぺこあおむし