うつ病オヤジの育児日記

双極性感情障害となり現在無職(T ^ T。ボンズも4歳になりパパからとーちゃんへ呼び方が変わりました!)。リハビリしながら社会復帰を目指しております。

インフルエンザの予防接種をして来た。

毎年恒例の様にインフルエンザが流行している。釧路市内の小学校もつい最近学級閉鎖になったばかり。

今更ながらインフルエンザの予防接種を打ってきた。保険適用外なので2500円也。

果たして効果のほどは?
検索大好きオヤジ。ネットで調べた。

サイトによると…
実は、インフルエンザの予防注射には、感染を予防する効果はない。感染とは、ウイルスが鼻や口の粘膜から体に入り細胞内で増殖することだ。とはいえ、厚生労働省の研究班の報告によれば、インフルエンザの発症と重症化を抑える効果はあるという。そもそもインフルエンザワクチンは、接種を受けた人の体にウイルスを排除する抗体を作り、同じウイルスが入ってきたときにそれを攻撃して発症や重症化を抑えるものなのだ。

研究班の分析では、65歳以上の高齢者はインフルエンザワクチンの接種によって発症リスクを34~54%、死亡リスクを82%減らせる。また、0~15歳では1回接種で68%、2回接種で85%、16~64歳では1回接種で55%、2回接種で82%の発症予防効果があったとする報告もある。

こんな感じ。感染する時は予防接種を打っても移るって事。あくまでも予防。
重篤な状態を回避するかも?って感じ。

実際にインフルエンザの予防接種を打ってインフルエンザになった人も知ってるし、
嫁さんの父親は肺炎球菌の予防接種を打って肺炎になったし…。

じゃあどうして予防接種を打つのか?

インフルエンザの流行時期に予防接種をすることは、社会生活を送る上でのマナーだそうです。

ボンズは保育園でアデノウィルスに感染し、今も高熱と闘っております。
本当は今日インフルエンザの予防接種の2回目だったんですが、多分打てないでしょう。

アデノウィルスが治ったら、あらためて2回目の予防接種を打ちにいきます。

多分保育園でもインフルエンザは流行すると思うのと、家族みんなで予防接種を打つことで、感染リスクを減らすという意味では、予防接種を受けた方が良いのではないかと考えます。

予防接種を打つ派打たない派に分かれるようですが、感染リスクを抑える為と考えてオヤジ達家族は予防接種をします。

賛否両論ありますが、あとはご自身の判断ですかねぇ〜。(笑)
こんな本もあります。ご参考まで。

インフルエンザ・ワクチンは打たないで!

インフルエンザ・ワクチンは打たないで!