うつ病オヤジの育児日記

双極性感情障害となり現在無職(T ^ T。ボンズも4歳になりパパからとーちゃんへ呼び方が変わりました!)。リハビリしながら社会復帰を目指しております。

うひょ〜‼︎

なんだかよく分からないタイトルで始まりました。おはようございます。オヤジです。

一昨日の釧路市内の交通機関の麻痺の正体が判明しました!

ただ雨が降って路面がアイスバーンになってスケートリンク状態になった訳では無く、

雨氷(うひょう)という珍しい現象が起きたのです‼︎

そもそも雨氷とは・・・
ウィキペディアより参照。
雨氷(うひょう)とは、0℃以下でも凍らない過冷却状態の雨(着氷性の雨)が、地面や木などの物体に付着することをきっかけに凍って形成される、硬く透明な氷のこと。着氷現象の一種。
イメージとしては綺麗です。
f:id:sounyan:20141213045130j:plain

ところがこの現象が道路で起こると・・・

雨氷が道路を覆うと、表面は硬く滑らかなため非常に滑りやすい状態となり、車はスリップし、歩行者も転倒しやすくなる。雨氷に覆われた道路の制動距離は、乾いている場合の10倍、雪に覆われている場合の2倍といわれている。

とまぁそんな具合で、釧路はまだ雪が降ってない状態なので、スケートリンク状態になった訳です。

制動距離が乾いた路面の10倍とはびっくりです。そりゃー新しいスタッドレスも効きやしないはずだ。

交通事故も相次ぎその日だけで、追突事故が相次ぎ、事故の通報は100件あまりあったそうです。

釧路地方では、低気圧に向かって南から入り込んだ暖かい空気の影響で午前7時過ぎから雨が降り、釧路地方気象台では、極度に冷えた雨のしずくが地面などに衝突する衝撃で瞬間的に凍る「雨氷」という珍しい気象現象を観測しました。

てな感じで釧路在住約40年のオヤジ。
運転免許とって20数年。初めての経験をしました。

タイトルは雨氷にかけて。オヤジギャグ大好きなもんで。(笑)

昨日は路面も乾いていつもの釧路に無事戻りました。来週の水曜日には吹雪の予報が…。これでまた交通機関が麻痺しそうです。(苦笑)

雨氷よりはまだマシなんですが、どのくらい降るのか心配です。例年釧路はあんまり年内に雪が降らないんですが。

とにかく安全運転で学校に通学しようと思います。