うつ病オヤジの育児日記

双極性感情障害となり現在無職(T ^ T。ボンズも4歳になりパパからとーちゃんへ呼び方が変わりました!)。リハビリしながら社会復帰を目指しております。

アスペルガーの子との接し方

オヤジは今学校に通っているんですが、障害者を対象にしたOA事務科というコースを勉強しています。

クラスは全部で5人。内、身体の障害が3人。オヤジはうつ病なんで心身の障害。もう1人はアスペルガーの子です。

オヤジはちょっとだけですがアスペルガーの知識があるのでその子とのコミュニケーションや、接し方など理解してるつもりです。しかしながら中々わかってもらえない心身の障害。

オヤジのうつ病はまだ軽い方なんで大丈夫なのですが、アスペルガーの子は理解されにくく、他の人とのコミュニケーションがとりずらいみたいで、何とか助けたいと思い、他の身体の障害の方に説明しました。

ただ、ある言葉がすごく悔しかったです。
ある言葉とは…

「病気に逃げてるんでない?」

でした。物凄くショックな言葉。決して病気に逃げてるわけでなく、そう言う病気なのです。

オヤジもそうですが、見た目は普通なのでどうやったらアスペルガーの子を理解してもらえるか考えています。

1人の身体の障害の方は知人に自閉症の子がいたり、アスペルガーの事も理解してくれてる人がいるので助かりますが…。

たったの5人しか居ないクラス。来年の1月の中旬には修了します。後1ヶ月半程しかありませんが、みんなで仲良くできたらなぁと思うオヤジでした。